大阪のiPhone修理あいプロ堺筋本町店。iPhoneやAndroidスマートフォンの画面修理やバッテリー交換・水没修理・ゲーム修理お任せください!堺筋本町駅より徒歩4分、本町駅・北浜駅より徒歩7分。
iPhone 修理あいプロ 堺筋本町店
050-5601-9504
10:00〜19:00(月〜土)

iPadの故障事例

 コロナ禍でリモートワークやキャッシュレス決済にiPadを使用する方が増え、iPadの修理依頼が増えています。

そんなiPadの故障事例トップ5と対処法をご紹介します。

故障事例①:電源が入らない、画面がつかない

原因が数多く考えられ、個人で直すのが難しい事例です。原因としては、水没や衝撃による基盤の破損、バッテリーの寿命、画面の故障、ソフトウェアの不具合などがあります。個人でできる対処法は、ソフトウェアのアップデートぐらいで、パソコンと故障したiPadを接続してアップデートを行います。

故障事例②:バッテリーの減りが早い

バッテリーは消耗品ですので、長く使っていると充電できる量や電圧が下がってきます。バッテリー交換は個人でもできますが、作業工程中に画面や液晶を傷つけてしまうリスクが高いので、おすすめはしません。個人でできる対処法は、バックライトの明るさ調整や処理の重たいアプリが動いていないか確認し、不要なアプリをOFFにしておく事です。

故障事例③:充電できない

最近、昔使っていたiPadを久しぶりに出してきたら充電できなくなっていたというのが多い事例です。

個人でできる対処法は、iPad側が原因なのかケーブルやアダプターといった充電機器側が原因なのかをつきとめ、充電機器側が原因だったら新しい物に買い換える事です。

故障事例④:タッチパネルが反応しない

iPadでよくあるトラブルで、画面の傷や液晶の故障が原因の事が多いですが、場合によってはソフトウェアが原因の事もあるので、パソコンと接続してソフトウェアをアップデートするのが個人でできる対処法です。

故障事例⑤:アプリが突然切れてしまう

アプリ関係のトラブルは、アプリ自体の不具合やiOSのバージョンが最新でない、あるいはメモリーの残量が不足している場合などが原因の場合が多いです。個人でできる対処法としては、iOSのアップデートやメモリー容量にお確認をしましょう。

 以上がよくある故障事例で、個人でできる対処法で直らない場合、Appleに修理依頼するか、iPadも扱っている修理屋さんで修理するという選択肢になります。基本的にはAppleよりも修理屋さんの方が料金や修理時間が安いですが、iPadを扱っている修理屋さんが少なかったり、料金もバラつきがあるというデメリットもあります。ただ、Appleで修理すると初期化されてしまうというデメリットがあるため、バックアップを取る前に故障してしまった場合はiPadを扱っている修理屋さんを探す方が良いかもしれませんね。