大阪のiPhone修理あいプロ堺筋本町店。iPhoneやAndroidスマートフォンの画面修理やバッテリー交換・水没修理・ゲーム修理お任せください!堺筋本町駅より徒歩4分、本町駅・北浜駅より徒歩7分。
iPhone 修理あいプロ 堺筋本町店
050-5601-9504
10:00〜19:00(月〜土)

各社iPhoneバッテリー交換の費用比較

 「最近、バッテリーのiPhoneのバッテリーの減りが」早くなってきたな」って思う事はありませんか?

iPhoneに限らず、バッテリーは消耗品のため、使用していれば交換が必要になってきます。

それでは、バッテリー交換のタイミングはいつ、費用は各社どのくらいかかるのかを比較しましょう。

 まず、iPhoneのバッテリー交換のタイミングを調べる方法は、「設定」→「バッテリーの状態」から「最大容量」の数字でバッテリーの劣化状況を調べられます。この数字が80%未満であれば、バッテリー交換の時期」の目安です。

Appleの説明によれば、500回のフル充電で80%程度になるそうですので、約1年半程度で交換時期になります。

iOS11以降なら、最大容量の下に「ピークパフォーマンス性能」も表示され、「ピークパフォーマンス性能」と表示されていれば、バッテリーの電力供給に問題がなく、「パフォーマンス管理機能」と表示されていれば、バッテリーが劣化してしまって電力供給が不足しており、バッテリー交換が必要となります。

 それでは、iPhoneのバッテリー交換の各社の費用を比較していきましょう。

まず、AppleCare+に加入していたり、保証期間内に最大容量が80%未満になった場合は、Apple StoreまたはApple 正規サービスプロバイダで無料でバッテリー交換してもらえます。

しかし、特別なサービスに加入しておらず、保証期間も過ぎてしまった場合は、バッテリー交換の費用が必要で、正規店の場合はdocomo、au、soft bank、あるいはApple Storeでバッテリー交換してもらう事になります。

auとsoft bankはApple Storeと同じで、docomoだけ費用と交換時間の目安が異なります。機種によっても費用は異なっており、各税込みで

au、soft bank、Apple Storeの場合、

iPhone SE、6~8Plusまでが¥5,940、X~13シリーズまでが¥8,140となっています。

(SE、6~8Plus=SE,SE第2世代,6,6Plus,7,7Plus,8,8Plus

X~13シリーズ(X,XS,XSMAX,XR,11,11PPro,11ProMAX,12,12mini,12Pro,12ProMAX,13,13mini,13Pro,13PrpMAX)

交換目安時間は、即日あるいはリペアセンターに送る必要がある場合は5~7営業日

docomoの場合、

iPhone 5C~8Plusまでが¥7,150、X~11ProMaxまでが¥10,340となっています。

(5C~8Plus=5C,5S,SE,SE第2世代,6,6Plus,7,7Plus,8,8Plus

X~11ProMAX=X,XS,XSMAX,XR,11,11PPro,11ProMAX)

交換目安時間は、即日あるいは4~7日

全体的にdocomoが高めの費用ですが、即日交換できなかった場合の対応は、目安としては早くなっています。

しかし、正規店のバッテリー交換は即日にできなければ、最低で4日、リペアセンターに送る場合は7営業日という事で10日程度、状況によってはさらに時間がかかってしまう場合もあるため、結構時間がかかってしまう事がデメリットです。

その他のバッテリー交換の方法は、自分で交換するか、修理専門店で交換してもらうという方法があります。

自分で交換する場合、材料費用だけなので、最も安価でバッテリー交換できますが、iPhoneを分解する際に配線を切ってしまったり、組み立てられなくなったりして、他の故障箇所を増やしてしまうリスクもあります。

修理専門店の場合、店舗や機種にもよりますが、正規店よりも安くバッテリー交換でき、基本は即日、バッテリー在庫が店舗になくても2〜3日程度で交換できるため、時間も早く済む事が多いです。

 iPhoneのバッテリー交換が必要になった際は、保証期間内か保険サービスに加入しているかを確認し、時間と費用を目安にお近くの正規店か修理専門店に問い合わせしてバッテリー交換してもらいましょう