iPhone修理あいプロ 大阪・難波店。iPhoneやAndroidスマートフォンの画面修理やバッテリー交換・水没修理・ゲーム修理お任せください!なんば駅より徒歩1分。
iPhone 修理あいプロ 大阪・難波店
050-5601-9504
11:00〜20:00(年中無休)

兌換性ケーブルで故障!?

 先日、iPhoneの充電ができなくなったとの修理依頼があり、お話を伺ったところ、兌換性Lightningケーブルを利用した事で充電できなくなったとの事でした。しかも、そのケーブルを使用した製品全部だそうで…、怖いですねぇ…。

Lightningケーブルによる故障は他にも、リンゴループになったり、充電中に異常な発熱や電流値の乱高下が起こる場合があり、バッテリーや基盤に負担をかける事もあります。

これらのトラブルはApple非正規のケーブルや充電器を使用する事で起こりやすく、Apple製品購入から1年間付いてくる保証も基本的に適応されません。

 Apple純正品以外でも、サードパーティと呼ばれるメーカーのMFi(Made For iPhone/iPad/iPod」の略で、Appleによる認証を取得したアクセサリーの証)認証されているケーブルもあり、iOSのバージョンアップ後の動作も保証されています。

逆に、Apple純正品やMFi認証されていないケーブルを使用すると、「このアクセサリは使用できない可能性があります。」と表示され、iOSのバージョンアップ後に使用できなくなる事もあります。

これはLightningケーブルの先に埋め込まれているマイクロチップが純正品やMFi認証の有無を判別して、ケーブルが使用できない事があります。

「このアクセサリは使用できない可能性があります。」と表示されたケーブルは、iPhone自体の故障につながる可能性も高いので、使用しない様にしましょう。

 また、充電口につなげるLightningケーブルの接続部分は負荷が掛かりやすく、純正品のケーブルでも根本の端子が折れて取れなくなったという修理依頼をよく受けます。

非正規品で特に安いケーブルだと、その部分の強度が純正品よりも弱く、微妙に端子の形も違っていて折れやすいため、結果的に修理代金が正規のケーブルを買うよりも高くつくなんて事にもなりかねません。

このトラブルは、モバイルバッテリーで充電中にバッテリーを落としてしまい、その重みに接続部分が耐えきれずに折れてしまうという事も多くあります。

 この様に、兌換性のあるケーブルでも色々な物が販売されており、使用できないもの、使用できても基盤やバッテリーに負担を掛けてしまって故障につながるもの、ケーブル自体の破損や断線のしやすいもの等があり、少々高くてもAppleの純正品、最低でもサードパーティのMFI認証のある製品を使用する事を絶対オススメします!

MFi認証があってもAppleの基準はマイクロチップのみのため、ケーブル部分は外装が弱く、折り曲げ回数が多くなると断線してしまうもの等の品質にバラつきがあり、ケーブルの買い直しや端子が折れてiPhoneの修理になってしまう事もあるので、あまりに安いケーブルは使わない様にしましょう。

一番良いのはAppleのHP、または正規代理店で純正品を買うのが良いです。

大手キャリア3社の店舗でも正規品ではない兌換性ケーブルしか取り扱っていない店舗もあり、ネット通販、特にフリマアプリなどでは新品・純正品として売られていても、仕入先の業者(主に中国)が刻印まで偽造して販売し、日本の出品者も正規品と思って仕入れてしまい、クレームに応じなかったという事もあったみたいです。

Apple純正品のケーブルで¥2000前後ですので、iPhoneの修理代金を考えるとケーブルをケチって故障リスクを高くするデメリットの方が大きいため、純正品を正規のルートで購入する事をオススメします。

(MFi認証のあるLightningケーブルで充電して故障した場合などの一部の「不測かつ突発的な事故による損害」なら、火災保険の家財の対象になる場合もあるみたいです。)