大阪のiPhone修理あいプロ堺筋本町店。iPhoneやAndroidスマートフォンの画面修理やバッテリー交換・水没修理・ゲーム修理お任せください!堺筋本町駅より徒歩4分、本町駅・北浜駅より徒歩7分。
iPhone 修理あいプロ 堺筋本町店
050-5601-9504
10:00〜19:00(月〜土)

iPhone12と13の比較、どこが良くなった?

iPhone12と13の比較、どこが良くなった?

 2021年9月24日にiPhone13が発売され、ようやく普通に買える様になってきましたね。iPhone13シリーズは12と同様に13、13mini、13Pro、13ProMaxの4種類があり、スペックや特徴の違いを比較してどこが良くなったのか?12でも十分なのはどんな方か?を紹介します。

まず価格の比較ですが、Appleの公式価格では、

iPhone12:¥86800〜、12mini:¥69800〜

iPhone13:¥98800〜、13mini:¥86800〜

となっており、¥12000~17000の差があります。(12Proと12ProMaxは取扱店舗のみで販売中)

主なスペックの比較では、画面サイズ、顔認証(Face ID)、防水IP68等級、5G対応などは同じで、違いは(12と13)

・CPU:A14BionicとA15Bionic

・ストレージ:64〜256GBと128〜512GB(13Pro、ProMaxは1TB)

・ビデオ最大再生時間:17時間と19時間

・本体サイズの厚み:7.4mmと7.65mm

・重さ:162gと173g

となっており、CPUの性能が上がって処理スピードが上がり、ストレージ容量も1ランク増えています。これにより5Gやゲームやアプリなどの大容量通信により対応できる様になりました。

それにともなって本体の厚みが少し厚くなって、重たくなっています。

カメラの性能の比較で画素数などは同じで、違いは(12と13)

・手ぶれ:光学式手ぶれ補正とセンターシフト光学式手ぶれ補正

・HDR:スマートHDR3とスマートHDR4

・フォトグラフスタイルの追加

・シネマティックスタイルの追加

となり、手ぶれ補正とコントラストや明るさなどを自動修正してくれる機能が適正化して逆光なども現実の見た目に近い色味で撮影できる様になった事と、動画に関しても自動で被写体にフォーカスして背景をぼかして調整するため、雰囲気のある動画が撮れ、撮影後にもピントやぼかし加減の調整ができるのが大きな特徴です。

カメラのレンズ自体も13の方が大きく、前に出っ張っているため、カバーを付けないとガタガタして傷がつくかもしれませんが、最大輝度や絞り値が上がって暗い場所での撮影やマクロ撮影や望遠カメラの性能も上がっており、写真や動画の自動調整機能も進化しています!

 この様に、iPhone13では、主に今後の5Gや重いゲームやアプリ等の大容量通信への対応と写真や動画の撮影機能の2つが大きな進化です。

逆に、変わらずに残念だったのが、充電のケーブルがLightningのままでUSB-Cに移行されなかった点でしょう。この点に関しては、iPhoneユーザーの大半が同意するのではないでしょうか。

もう一つの残念だった点は、個人差があるかもしれませんが、顔認証(Face ID)です。

コロナ禍でマスクを付ける日常になった現在では、顔認証(Face ID)よりも昔の指紋認証の方が使いやすいという方もおられ、iPhone8やSE(第2世代)が意外と人気だったりします。

この2つに関しては次回以降のiPhoneに期待したいところですね。

 iPhone13の良くなった点や少し残念だった点を主にiPhone12と比較してきましたが、冒頭の様にiPhone自体の値段もどんどん上がってきており、12と13でも1万円以上の差がありますので、正直、iPhone12でも十分かもしれません。12でも5Gに対応していますし、強度やカメラ性能も高く、特殊な使用をしないなら12の方がコスパが高いかもしれません。

iPhone13をオススメする方は、夜などの暗い所で撮影する方やカメラ性能へのこだわりが強い方、動画編集のための撮影をする方などは、13で進化した領域ですので、オススメです。

また、現在、ゲームや動画、アプリが重くて通信が遅かったり、電池の減りが早いという方にもおすすめで、大容量通信への対応が改良され、それにともなうバッテリーの持ちも少し改善されています。

iPhoneの買い替えは高価な買い物ですので、自分に合った物を選びたいものですね。