大阪のiPhone修理あいプロ堺筋本町店。iPhoneやAndroidスマートフォンの画面修理やバッテリー交換・水没修理・ゲーム修理お任せください!堺筋本町駅より徒歩4分、本町駅・北浜駅より徒歩7分。
iPhone 修理あいプロ 堺筋本町店
050-5601-9504
10:00〜19:00(月〜土)

冬の寒い日のスマートフォンの注意点

 寒い所でスマートフォンのバッテリーが早く減ると聞いた事はありませんか?

スキー場や冬キャンプでスマホのバッテリーがすぐに無くなり、ひどい時はバッテリーの残量があっても電源が切れてしまう時もあります。

スマートフォンには適正温度があり、AppleによるとiPhoneの使用温度は0~35℃の範囲で使用とされています。他の機種のスマートフォンでは低温が5℃~という物もあり、その範囲外で使用するとバッテリーが劣化したり、減りが早くなったりします。

バッテリーの残量があっても電源が切れてしまうのは、低温下で電池の内部抵抗が増し、電圧が下がってしまうためです。これによって、一定以下の電圧になると強制的に電源が切れてしまう場合もあり、そこまでいかなくても動作が遅くなったりといった不具合が発生します。

 では、低温でスマートフォンを使ってはいけないという事で温めればいいのですが、その際に注意点が2点あり、「高温」と「温度差」です。

まず、カイロや暖房の側といった高温もスマートフォンにとっては大敵で、先程の適正温度が35℃までという事からも、ピンポイントでそれ以上の温度になる暖房の吹き出し口やカイロに直接当てるのは良くありません。

それと、急激な温度差も大敵で、外気温と室温やカイロを入れたポケットの中といった急激な温度差がある場合、結露ができてしまう事があります。

この結露がスマートフォンの中で発生すると、水滴によって基盤がショートし、水没した時と同じ様な状態になって故障してしまいます。

通常、スマートフォンの中に湿気は入りにくいのですが、浸水歴があったり、画面や本体にヒビや割れ、歪みがあると内部に湿気が入っている場合もあるため、結露で故障してしまう可能性が高くなります。

スマートフォンの内部に結露ができなくても、本体が濡れたりて浸水したり、充電端子などに発生した結露がホコリなどを付着させ、ショートや故障につながる事もあります。

急激な温度変化のある場所以外にも暖房の効いていない寒い所で充電すると、スマートフォンの内部が高温、外部が低温になり、内外で温度差が発生するため注意が必要です。

 この様に、低温環境でのスマートフォンの使用はバッテリーを劣化させ、急激な温度差がある環境では結露による故障につながる危険性があるため、寒い所で使用する場合はなるべく人肌程度の温度に安定させるのがポイントになります。

特に、低温でバッテリーの電圧が下がって電源が切れる問題は、新品のバッテリーでは初期不良以外に起こりにくく、それまでの劣化による電圧低下も原因のため、年末年始や冬の間に寒い地域に帰省や旅行に行く場合は、事前にバッテリー交換をしておいた方が良いかもしれませんね。

 

 その他の注意点として、Appleや大手キャリアのスマートフォン修理は、郵送で通常10日程度で完了して戻ってくるのですが、年末年始は修理の受付、修理サービスが休業になり、配送状況が混雑して戻ってくるのに時間がかかるため、Appleや大手キャリアでスマートフォンを修理する場合は、年末年始に被らない様に早めに修理に出すか、街のスマートフォンの修理屋さんで修理する方が良いかもしれません。

年末年始のイベントにスマートフォンの修理が間に合わなかったって事にならない様に注意したいですね。