iPhone修理あいプロ 大阪・難波店。iPhoneやAndroidスマートフォンの画面修理やバッテリー交換・水没修理・ゲーム修理お任せください!なんば駅より徒歩1分。
iPhone 修理あいプロ 大阪・難波店
050-5601-9504
11:00〜20:00(年中無休)

iPhoneのゴーストタッチ対処法

iPhoneの画面に触れてもいないのに、勝手にアプリを開いたり、文字を打ったりしてしまうゴーストタッチという不思議な現象が起こる事があります。オバケが勝手に操作している様な誤動作からゴーストタッチと呼ばれています。

勝手にSNSに投稿したり、電話をかけて人に迷惑をかけてしまう場合もあります。

最悪の場合は、勝手に操作されてしまってパスワードを限界まで間違えてロックアウトされ、iPhoneを初期化しないといけない状況にされてしまいます。放置せずに早急に修理することを推奨します。

実際に修理をご依頼頂いたお客様の中にも、初期化しないといけない状況になっているケースも多数あります。

ゴーストタッチの原因は、液晶の問題、ソフトウェア(IOS)の問題、端末本体の問題の3種類の可能性があります。

まず、液晶の問題として、ディスプレイの細かな傷や保護シールとの間のホコリや気泡がゴーストタッチの原因になります。特に画面割れをテープやフィルムでカバーしていると、ゴーストタッチの原因になりやすいので早急に対処した方がいいです。

表面の目に見えない傷が原因になっている場合もありますが、保護フィルムやディスプレイをきれいに拭いてみる対処を初めに試して下さい。

ソフトウェア(IOS)の問題への対処は、まず再起動を行って下さい。それで改善されない場合、IOSのアップデートをして最新のバージョンに更新します。たまに機種との相性が悪いとIOSの更新が原因で不具合が発生する事もあるので、ゴーストタッチの始まった時期とIOSの更新時期が同じなら、元のバージョンに戻すという対処が有効な事もあります。

ソフトウェアの問題の最終手段は、初期化という対処です。初期化する前にバックアップをしっかり取って初期化しましょう。

最後の原因が端末本体の問題で、本体が高温になってゴーストタッチを起こします。iPhoneを充電しながら操作したり、純正以外の充電器を使用したり、直射日光が当たる場所に長時間置いていたりすると、本体が高温になって不具合を起こします。

また、バッテリーの膨張や磁力の強い物が近くにある場合もゴーストタッチの原因になる事があります。

 修理に出す前に対処できる事は、保護フィルムを剥がしてディスプレイをきれいに拭く事とソフトウェアの問題への対処、本体が高温にならない様に注意する事です。

それでゴーストタッチが解消しなかったら、ディスプレイの傷やバッテリーの膨張が疑われるため、修理に出して部品交換してもらいましょう。

ゴーストタッチが発生すると人に迷惑をかける場合やロックアウトされて初期化される場合もあるので、普段から高温にならない様に操作を注意し、ディスプレイに傷がつかない様に丁寧にiPhoneを扱いましょう。万が一の事も考えてバックアップもしておきましょう。