iPhone修理あいプロ 大阪・難波店。iPhoneやAndroidスマートフォンの画面修理やバッテリー交換・水没修理・ゲーム修理お任せください!なんば駅より徒歩1分。
iPhone 修理あいプロ 大阪・難波店
050-5601-9504
11:00〜20:00(年中無休)

iPadの防水性能は?

 iPadをお使いの方、iPadには防水・耐水性能がないってご存知でしたか?

「そんなの当たり前」と思われる方も「そうだったの!」という方もいらっしゃるかと思います。

iPadを水に濡れる可能性のある時に使う事も多いので、注意が必要です。

iPhoneならiPhone7以降に耐水性能があるので、iPhoneと同様にiPadにも防水や耐水性能があって、多少水に濡れても大丈夫と思ってしまいがちですが、現在まで発売されているどの機種のiPadにも耐水性はなく、iPhoneよりも水に弱い状況です。

タブレットの方が、画面も大きく、小さなお子さんでも使えるため、家庭でも使われる機会が多いですが、以下の場面では使用を控え、iPad用の防水ケースを使う事をおすすめします。

・料理中、濡れた手でメニューを見たりする時(炊飯器の蒸気には当たらないように!)

・お風呂での使用時

・アウトドアなど水に濡れる機会の多い時

・ゲリラ豪雨や台風でカバンに入れていても濡れそうな時

・お子さんがジュースなどの飲み物をよくこぼしてしまう年齢の時

このような時に使用する場合には、防水ケースを使い、水がなるべくかからない様に特に注意しましょう。

また、水の中に浸けたり、シャワーなどで直接水がかからなければ、大丈夫と考えがちですが、お風呂や濡れたカバンの中は蒸気や湿気が多く、故障につながる可能性が高いため、なるべく使用自体を控えた方が良いでしょう。

 実際に使っていて、多少なら水がかかっても大丈夫だったりして、そんな大げさにしなくても大丈夫と思うかもしれませんが、もし、少しでも水がiPadの内部に侵入してしまうと、金属部分が数時間で腐食してきて、故障してしまう恐れがあるため、水に濡れる可能性のある場面や蒸気、湿気にさらされる場面での使用は、故障リスクが高いのです。

iPhoneやiPadを修理する時に中を開けると、どこから侵入したのかと思うほど、ホコリが出てくる事があります。

密閉されているはずのiPhoneやiPadでも気づかない様な変形や破損で隙間が開いている事もあり、基盤などの金属部分をすぐに腐食させ、故障させてしまう浸水には厳重に対処すべきです。

特にiPadをパソコンの代わりに仕事でも使うという方は、スマホよりもさらに重要なデータが入っているため、故障リスクを考えて耐水性を過信せずにパソコンなどの普通の電子機器と同じ感覚で水に弱い、耐水性がないと思って扱った方がいいです。

 防水ケースについては、ソフトタイプやハードタイプ、値段も色々ありますが、防水規格の高い物を基準に選びましょう。

防水規格はIP68などといった表記で、前の6が防塵性能、後ろの8が防水性能を表しています。0~8までの等級があるため、この後ろの数字がなるべく高い物を選び、最低でも6以上は欲しい数字です。

IPX6=暴噴流に対して保護。

IPX7=水に浸しても影響がないように保護。

IPX8=潜水状態の使用に対して保護。

となっていますが、例えば、「IPX7=水に浸しても影響がないように保護。」であっても、真水のタンクに30分間浸しても浸水がなかった。IPX8は7以上の時間継続的に使用できるとし、水位や時間は協議によるという表現がされており、結局は、完全防水でケースを付けていれば絶対に大丈夫という事ではありませんので、ご注意ください。

基本的にはハードタイプの方が、密閉されており、耐久性もあるためおすすめです。ソフトタイプの代わりにジップロックでも大丈夫かなと思うかもしれませんが、ジップロックはやめて下さい。

ビニールの継ぎ目が裂けやすかったり、ロックがしっかりかからなかったりして、浸水してしまう事があります。たった1滴の浸水とかですが、それが命取りになりかねないので、ジップロックはやめて下さい!

値段もiPadはノートパソコンと同等以上ですので、水没で故障しないように気をつけましょう!