iPhone修理あいプロ 大阪・難波店。iPhoneやAndroidスマートフォンの画面修理やバッテリー交換・水没修理・ゲーム修理お任せください!なんば駅より徒歩1分。
iPhone 修理あいプロ 大阪・難波店
050-5601-9504
11:00〜20:00(年中無休)

iPhoneを自分で修理する危険性

 iPhoneが故障した時、自分で修理する、メーカーに修理に出す、修理店で修理するといった3種類の方法がありますが、修理費用を抑えるために自分で部品を購入して修理するというのは、逆に故障箇所を増やして、結果的に修理費用が初めよりも高くなってしまうかもしれないリスクのある危険な行為です。

修理動画などを見れば、スマートフォンの修理は自分でも簡単にできそうと思うかもしれません。

修理屋やメーカーの修理担当者は、経験や研修を通して練習しており、一定以上の技術を身につけています。

お客様が実際に初めて修理しようとすると動画より難しく感じられるでしょう。当然、iPhoneは精密機械なので、各機種で分解方法や注意点が異なっており、専門知識がないと失敗してしまう可能性が高くなってしまいますし、手元にある工具で代用するとネジ山がつぶれて分解や修理ができなくなる可能性もあります。

 実際に自分で修理しようとして失敗して、修理店に持ち込まれる事も多くです。

失敗例としては、配線を誤って切ってしまったり、バッテリーを取り外す時にショートしたり、パーツの取り付け不良でスマートフォンの電源が付かなくなったり、他の部品まで修理箇所が増えてしまっている事も多くあります。

電源が正常に付いて修理できたと思っても内部にホコリや湿気が入って、後から故障する場合もあります。

 もし、自分でスマートフォンを修理しようとして失敗した場合や分解してから途中で組み立てられなくなった場合などは、途中でも部品を無くさないように保管してプロに修理を依頼しましょう。

しかし、自分でスマートフォンの修理をするのは、失敗のリスクが高い事以外にも、最大のデメリットとして、自分で入手した部品はほとんどが非正規品のため、修理に成功しても改造品扱いとなり、次に修理が必要になった時にメーカーの保証や修理を受けられなくなる事です。

 以上の事から自分でスマートフォンの故障修理をするのは、失敗するリスクが高く、修理費用を安く抑えようとした事によって、かえって故障が悪化して結果的に逆に修理費用が高くつく可能性が高いという事。

自分で修理をする際は、デメリットを十分に理解した上で取り組みましょう!